« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

『ハウルの動く城』

howlsmc_tck1.jpg
映画『ハウルの動く城』(「Howls Moving Castle」、2004年/日本、119分)観ました。(11/20)

 この映画の予告編ですが、最初は「動く城だけ」状態の予告編からはじまって、次が「その時代の人々は悪魔と取引をして力を得て・・・」みたいな魔界対戦?っぽい予告編になったと記憶してます。さらに次の予告編では、魔界大戦っぽい映像はなりを潜め、こんどは90才のおばあちゃんを全面的にフィーチャーしたような予告編なりました。このおばあちゃんの映像にしても、よぼよぼだったり、元気だったり、若くなっちゃてたりと、ころころ変わる感じで、「いったいどっちなんだ」、「ひょっとして予告編用につくられた映像なのか?」とかいろいろと疑問点がある状態で映画を観たわけですが。。。

 予告編で生じた疑問点は解決しました。(^^)

 もののけほどの凄さは感じなかったけど、斬新さ、新鮮さはあると思うし、動く城にしても、他のシーンにしても、映像的にも面白いというか、新鮮な感じがしました。

 全体的にすこし物足りない印象はあるけど、ちゃんと笑いをとるシーンもあるし、幅広い年齢層の方が楽しめる娯楽作品なんじゃないかと思います。

 キムタクがハウルの声を担当してますが、特に「あ、キムタクの声だ」と意識させられるようなことはなく、それなりに役に合ってる声だなと思いました。

 あと、映画の内容とあまり関係ないけど、隣の席が日本語がしゃべれる外人さんでした。上映後に一人だけ小さく拍手をしていたその方は原作も読んだことがあるそうで、宮崎監督の映画は原作ともちょっと違っていてアレンジの仕方がさすがだみたいなことをいってるのが聞こえてきました。聞き耳立ててたわけじゃないんですが。(^^;

原作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「魔法使いハウルと火の悪魔」
監督・脚本: 宮崎駿(みやざきはやお)
音楽: 久石譲(ひさいしじょう)
声の出演: 倍賞千恵子(ばいしょうちえこ、「ソフィー」役) 、木村拓哉(きむらたくや、「ハウル」役) 、美輪明宏 (みわあきひろ、「荒地の魔女」役)、我修院達也(しゅういんたつや、「火の悪魔、カルシファー」役) 、神木隆之介(かみきりゅうのすけ、「マルクル」役)、他

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »